KEN BLOG

買って良かったモノを紹介するブログです。特に『G-SHOCK』、『ファッション』、『PCデバイス』をメインに執筆しています。

【購入レビュー】樹脂とクロス2種類のデザインが楽しめる!G-SHOCK「DW-5610SUS-5JR」

f:id:tmken:20200326212630j:plain

こんにちは、ken(@Ken28_gamer)です。

 

2020年2月に発売されたG-SHOCK「DW-5610SUS-5JR」を購入しました。

 

こちらのモデルは「DW-5600シリーズ」に新構造の二重成型を採用してベゼルと本体部分が違うカラーになっています。

 

また、「樹脂」「クロス」2種類のバンドが付属しているので、好みによって雰囲気を変えることが出来ます。

 

デザインバリエーションが広く、外箱も特別仕様で限定感が強いため、コレクターにも嬉しい仕様になっています。

 

当記事では開封、デザイン、着用感などを中心にレビューしていこうと思いますので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

それでは、レビューしていきます。

 

 

 

「DW-5610SUS-5JR」開封レビュー

f:id:tmken:20200326215009j:plain

f:id:tmken:20200326215045j:plain
f:id:tmken:20200326215022j:plain

まずは外箱から見ていきます。

 

表面に英語で「WATER RESIST 20BAR」、「SINCE1983」、「SHOCK RESIST」の文字が刻まれています。

 

表記の意味は左から順番に、

 

・20気圧防水

・G-SHOCK誕生

・耐衝撃構造

 

となっています。

 

f:id:tmken:20190908185630j:plain

↑が一般的なG-SHOCKの外箱です。

 

こちらと比較すると今回のモデルは特別感があります。

 

 

f:id:tmken:20200326220204j:plain
f:id:tmken:20200326220218j:plain

f:id:tmken:20200326220427j:plain

外箱を開けると中から付属品と専用BOXが出てきました。

 

 

f:id:tmken:20200326220243j:plain

 

■内容物一覧

・本体

・化粧箱(専用BOX)

・クロスバンド

・バンド交換用の工具

・取扱説明書

・保証書

・プライスタグ

こちらのモデルにはバンド交換用の工具が付いてきました。予め用意する必要がないので助かります。

 

f:id:tmken:20200326222427j:plain

定価は16,500円 + 税です。

 

これだけ特別感が強い仕様で普段の樹脂モデルG-SHOCKと大して価格差がないことに驚きました。

 

とてもお買い得なモデルだと思います。

 

 

f:id:tmken:20200327090952j:plain
f:id:tmken:20200327085651j:plain

専用BOX内はスポンジのような素材で保護されており、本体とバンドはビニールで包まれていました。

 

 

f:id:tmken:20200327090124j:plain

本体のビニールを剥がしてみました。

 

「タン」x「迷彩」の組み合わせでミリタリーな印象です。

 

 

f:id:tmken:20200327092054j:plain

重量は51gと継承元のオリジンと比較して2gほど軽くなっています。

 

先日レビュー記事を書いたGA-2100シリーズと同じです。

 

www.ken28-freedom.com

 

 

f:id:tmken:20200327095201j:plain

f:id:tmken:20200327095343j:plain
f:id:tmken:20200327095314j:plain

カジュアルでミリタリー感のあるモデルなので、今回はネイビーの麻シャツに合わせて着用してみました。

 

液晶周りのカモフラがオシャレで、ベースがオリジンのためカジュアルとの相性は文句なしです。

 

ミリタリー系のG-SHOCKが好きな人にお勧めな1本に仕上がっていると思います。

 

 

f:id:tmken:20200327102954j:plain

裏蓋には「SHOCK RESIST」の刻印が刻まれてます。

 

 

バンド交換

f:id:tmken:20200327144103j:plain
f:id:tmken:20200327144340j:plain

f:id:tmken:20200327144429j:plain
せっかくなのでクロスバンドに付け替えてみます。

 

専用工具と説明書も付いているので、バンド交換が初めての方や工具を持っていない方でも大丈夫だと思います。

 

ですが・・・

 

 

f:id:tmken:20200327144628j:plain

工具の先端が意外と鋭いので手を滑らせて怪我をしたり、本体の裏蓋を傷つけないよう注意して作業する必要があります。作業時は気を付けましょう!

 

 

f:id:tmken:20200327144917j:plain

樹脂バンドを外すとこんな感じです。

 

それでは、クロスバンドを装着してみます。

 

f:id:tmken:20200327145008j:plain

やはり「タン」と「ブラック」は相性抜群ですね。ミリタリー感も相まって非常にカッコいいと思います。

 

 

f:id:tmken:20200327145300j:plain

手に持ってみました。

 

クロスバンドも樹脂モデルと同様に軽くて良いと思います。

 

 

f:id:tmken:20200327145851j:plain

f:id:tmken:20200327145909j:plain
f:id:tmken:20200327145917j:plain

先程と同様に着用してみました。

 

樹脂バンドの着用感も悪くなかったのですが、こちらのクロスバンドの着け心地が本当に素晴らしいです。素材が柔らかく腕への圧迫感がありません。

 

バンドの幅と構造が同じなら他モデルにも使えると思いますので、こちらのクロスバンド目的で購入するのも有りですね。

 

時計スタンドビュー

f:id:tmken:20200327152151j:plain
f:id:tmken:20200327152200j:plain
f:id:tmken:20200327152211j:plain
f:id:tmken:20200327152232j:plain
f:id:tmken:20200327152235j:plain
f:id:tmken:20200327152238j:plain
f:id:tmken:20200327152304j:plain
f:id:tmken:20200327152308j:plain
f:id:tmken:20200327152151j:plain

 

■使用している時計スタンド

 

別カラーモデルについて

g-shock.jp

オリジンを継承した「DW-5610SUシリーズ」は現時点で3色のカラー展開になっています。

 

以下、別カラーモデルの紹介です。

※「DW-5610SUS-5JR(迷彩)」以外のモデルにはクロスバンドが付属していません。購入の際はご注意ください。

 

DW-5610SU-3JF

ベゼルがブラック、本体とバンドがカーキのモデルです。

 

液晶に迷彩が入っていないのでミリタリー感が少なくシンプルで使い易いデザインだと思います。

 

カーキ好きにお勧めの1本ですね。

DW-5610SU-8JF

ベゼルがブラック、本体とバンドがグレーのモデルです。

 

こちらも迷彩ではないのでシンプルに着用できる1本になっていると思います。

 

ブラックとグレーの組み合わせは大人っぽくて渋い印象があります。

 

レビュー動画

www.youtube.com

YouTubeにてレビュー動画も公開しております。今後も定期的にアップロード予定ですので、差し支えなければチャンネル登録頂けると嬉しいですm(__)m

 

まとめ

f:id:tmken:20200327154304j:plain

今回は樹脂とクロス2種類のデザインが楽しめるG-SHOCK「DW-5610SUS-5JR」のレビュー記事でした。

 

バンド2本と工具が付いて16,500円(+税)と良心的な価格設定です。コレクターやコスパの良いG-SHOCKを求めている方にお勧めできる1本だと思います。

 

今後のカラー展開にも期待ですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)

それでは、またっ!