【シャドウバース】デジタルカードゲームの流行とeスポーツの盛り上がりについて【ハースストーン】

こんにちは、Kenです。

プロフィールの趣味欄に「対戦ゲーム」と書いておきながら、いまだに対戦ゲームのことを一切ブログに書いてませんでした(笑)

というわけで、今回は趣味の対戦ゲーム(カードゲーム)について書いてみようと思います。

 

きっかけの遊戯王ブームとオタクな学生時代

まだ小学生だった頃、遊戯王が大ブームを起こしていました。

いたって普通の少年だった自分は当然ハマりました。

学校へ行けば休み時間と放課後にクラスメイトとデュエル!

休日はコンビニへ行ってパックを買い漁り、友人と待ち合わせてデュエル!

サンダーボルトを発動するとデッキのモンスターまで全て破壊するという鬼のような友人がいたことは今でも覚えてます。

周囲がスポーツと勉強に熱中し、カードゲームをやめていくなか、中学・高校の青春時代を全て遊戯王に捧げました。

それはもう凄い熱中ぶりで大会には毎週のように参加していたし、ホームページを作ってオフ会の主催などもしていました。

恋愛?スポーツ?何それ状態です。このオタク野郎!

 

デジタルカードゲームの流行

f:id:tmken:20180403231336j:plain

スマートフォンの普及に伴い、「ハースストーン」「シャドウバース」といったデジタルカードゲームが今ブームになってます。

実はどちらもプレイしているんですが、メインで遊んでいるのは「シャドウバース」

画像は自分のプロフィールのスクリーンショットです。

絶賛フレンド募集中でございます。

 

シャドウバースに熱中する理由

① 無課金・低課金でも快適に遊べる

この「快適」というのは、カードを揃えやすいという意味です。

シャドウバースには「ログインボーナス」という物があって、毎日ゲームにログインするだけでゲーム内通貨やパックが貰えます。

さらにパック報酬系のイベントも豊富にやってくれるので、無課金でコツコツ遊んでいるだけでも比較的カードが集めやすく強いデッキが組めるようになります。

自分もちょっとだけ課金してますが、無課金と大差はない感じです。

 

② いつでもどこでも手軽に対戦できる

スマホからゲームを起動してログインすれば即対戦できます。

これがデジタルカードゲームの強みであり良いところで、本当に手軽なんですよね。

しかも1試合5分~10分程度なので、暇な時間にサクッと遊べます。

普通のカードゲームだったらカードショップに行って対戦相手を探さないといけないのでなかなか大変です。

少し悲しい気持ちもありますが、これからはデジタルカードゲームがどんどん普及して紙のカードゲームは根強いファンの人達だけが遊ぶようになっていくと思われます。

 

③ 運営がオフラインイベントに力を入れている

rage-esports.jp

 

皆さん、「RAGE」というeスポーツの大会はご存じでしょうか?

なんとこの大会、年に数回あって高額賞金が出ます。

賞金の影響もあるせいか、毎回ものすごい盛り上がりを見せてくれてます。

実は自分も今まで開催されたシャドウバースの「RAGE」は全て参加しています。

まあ全て途中で負けているので、賞金は貰えてませんけども^p^; 

自分はこの「RAGE」という大会に出るのが本当に楽しみで、大会が近くなると超が付くほど熱中してしまいます。

それはもうプライベートな時間を殆どシャドウバースに捧げるほど・・・。

大会の雰囲気というかプレイヤー同士が顔を合わせて真剣勝負をする感覚がたまらなく楽しいんです。

勝てば嬉しい!負けたら本気で悔しい!!

でも何だかんだ言って最後は「楽しかった」と思える。

これだけ熱中できるイベントを頻繁にやってくれる事が本当に凄いです。

 

④ シャドウバースのプロリーグ化 

rage-esports.jp

 

なんとシャドウバースのプロリーグが始まります。

その名の通り「プロ」なので、プロになったプレイヤーにはスポンサーが付きます。

ゲーム=仕事になるわけですね。

今の日本はまだゲーム=遊びという風潮が強いんですが、こういったプロリーグが発展していくことで、世間の認識も少しずつ変わっていって、将来的には「囲碁」や「将棋」のようにゲームも頭脳スポーツとして世間に認知されていくと思います。

テレビのチャンネルをつけたら対戦ゲームの中継がやっている・・・ そんな時代が到来するかもしれませんね。

 

まとめ

今回はデジタルカードゲームとeスポーツの盛り上がりについて書きました。

今後はシャドバ系の記事もドンドン上げていこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)