【シャドウバース】西RAGEに参加してきました!

こんにちは、Kenです。

 

久しぶりにシャドウバースの記事でも書こうと思います。

 

先週の土曜日、シャドウバースの大型大会「RAGE」の西日本予選に参加してきました。

 

通算7回目の参加になります。

 

我ながら抽選運だけはあるなーと思いますが、

次のRAGEあたりはそろそろ見送りになるのではとそわそわしております・・・。

 

 

使用デッキ

 

ランプドラゴン

f:id:tmken:20180816113738p:plain

 

ミッドレンジロイヤル

f:id:tmken:20180816113917p:plain

 

結果

 

1回戦 0-2

2回戦 2-1

3回戦 2-1

4回戦 2-1

5回戦 1-2

 

3-2でDAY1敗退となりました。

あと2勝が遠かったです。

 

ランプドラゴンが強かった

意外かもしれませんがランプドラゴンが良い戦績を残してくれました。

基本的に不利と思えるデッキがなく、渓谷さえ置けてしまえば全てのクラスに有利に立ち回れます。

使用者が少ないため対応されずらく情報アドバンテージ面でも有利に立つことが出来ました。

 

RAGE前のレート戦績

f:id:tmken:20180816114407p:plain

先行ゲーと言われるシャドウバースで後攻勝率がこれだけ出ていることは相当な強みだと言えます。

 

 

敗因

相方(ミッドレンジロイヤル)のデッキ選択が一番の原因だと思います。

 

ギガントキマイラウィッチとミッドレンジエルフに対しては戦いやすいのですが、人形ネメシスとビショップには厳しい戦いとなり、東予選と同様に人形ネメシスとビショップを持ってきているプレイヤーが非常に多かったため、ミッドレンジロイヤルが抜かれてしまう場面が多々ありました。

 

 

時間が無くても勝ちたい

当たり前ですが、大会に参加するからには時間があろうがなかろうが学生だろうが社会人だろうが全てのプレイヤーが勝ちたいと思って参加しています。

 

自分は既婚者かつサラリーマンのため、時間のない社会人に分類されます。

当然、時間がないということを言い訳にするつもりもなく大会に参加するからには勝ちたいので時間がないならないなりに以下のように勝つためのプランを練って練習しました。

 

① 情報アドバンテージで優位に立つ

今回ランプドラゴンが勝てた一番の要因は「情報アドバンテージの差」です。

現在のドラゴンはリント、ジャバ、原初などの型が多く次ターンの行動が読まれにくい点も強みになっています。

こちら側としては次ターンの動きを考えて動けるのですが、相手からしたら次ターンの動きが読みにくいためやり辛かったのではと思います。

 

② ナーフ予想を立ててデッキを選択

基本的に練習時間が少ないため、環境初期からデッキ選択を慎重に行います。

ナーフが入って壊滅しそうなデッキは使用しませんでした。

今回だと「天狐ビショップ」は環境初期から使わないよう意識していました。

実際にナーフ後の打撃が大きく使用者が一時的に激減してました。

逆に「ミッドレンジロイヤル」はパワーカードが多く、ナーフされても痛手が少ないと思っていたので使用していました。

まあでも今回は人形ネメシスの飛躍を予想して天狐ビショップを練習するのが正解でしたね・・・。

ここは今回の反省点のひとつです。

 

③ 早寝早起きで練習時間を確保

朝の頭が回る時間を有効活用したかったので早寝早起きで出勤前に練習していました。

実際に仕事の定時後は頭が回らず戦績も悪くなりがちです。

思考もまとまらず、ストレスばかり溜まってマジで良いことがないです。

そのため、主に平日の朝と休日のまとまった時間に練習するというスタイルでした。

夜は自衛隊より早く寝てました。

 

 

今回は②のナーフ予想面が外れ、相方の選択をミスしてしまったことが大きな敗因だったと言えます。

次は今回の反省点を活かして、もっと勝ち進めるよう頑張ります。

 

まとめ

久しぶりにシャドウバース関連の記事でした。

 

レビュー記事ばかり書いてますが、

今後も大会等に参加したらシャドウバース関連の記事を書いていこうと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それでは、またっ!